旅行の際の荷造りのコツ

旅行傷害保険の仕組み

旅行傷害保険とは、旅行中におけるトラブルや病気などによる何らかしらのトラブルについて発生している場合に保障してくれる保険の事であり、大雑把に述べると、日本国外において、旅行による行程中に対して保障していく海外旅行傷害保険と日本国内の旅行に対して保障していく国内旅行傷害保険とがあります。その特徴としては、国内旅行傷害保険に関しては、適用されているのが基本的に死亡トラブル、あるいは重度による障害が残っていくトラブルに対してだけである為、保険における性質として自分に対する保障と言うよりも遺族に関する保障といった点が挙げられています。また、クレジットカードにおいて国内旅行傷害保険が付帯されているとしても、支給条件に関してはそのクレジットカードを使用したうえで旅費精算を行なっている場合にのみ適用していくと制約がある場合がよくあります。

そして、問題は海外旅行傷害保険であり、日本国内による場合、健康保険証を保持しているならば病院の費用負担について軽減されますが、海外においては保険証が通用している訳でもなく、もっぱら全額負担となっています。その費用に関しては十数万円程度で済めばよいのですが、入院が必要な場合など、場合によっては数百万円以上による費用を請求されてしまう可能性もあります。その為、海外旅行に行く場合には海外旅行傷害保険に加入していく事を勧めています。

お役立ち情報

Copyright (C)2018旅行の際の荷造りのコツ.All rights reserved.